Archive for the ‘未分類’ Category

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」膣トレをするとおこる嬉しいメリット5つ

2018-03-30

膣トレをするとおこる嬉しいメリット5つ

「膣トレ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。近年ひそかにブームとなりつつある「膣トレ」ですが、「膣トレに興味がありますか?」というアンケートをサイト内で実施したところ、予想以上に多くの女性が「イエス」と答える結果となりました。
今回は、この膣トレについて、そもそも膣トレとはなんなのか、そして、膣トレにはどんなメリットがあるかなどについてお話していきたいと思います。

そもそも「膣トレ」とは、「膣トレーニング」のことで、具体的には、骨盤底筋という骨盤の底にある筋肉を鍛えるトレーニングのことです。膣トレには膣のしまりがよくなるといったセクシャルな意味だけではなく、女性にとってさまざまなメリットがあるのです。

1.自分の感度があがる

まずは、セクシャルな意味合いでの膣トレのメリットから順番にお話していこうと思います。膣トレをすることで膣の「締まり」がよくなって、自分自身の感度があがる…と短絡的に考えがちですが、実はそればかりではありません。確かに、ぎゅっと締まりがよくなることで感じやすくなるかもしれませんが、実は、その効果は、後でお話する「パートナーによりいっそう感じてもらいやすくなる」というメリットのほうが大きいです。

膣トレをすることで、骨盤内の血液循環が上がり、代謝がよくなることで感度がよくなるという効果のほうが高いです。締まりがよくなるだけではなく、美肌効果やセクササイズも期待できるので、自分にとってもいいことずくめですね。

2.彼の感度が上がる

膣トレをすることで膣の「締まり」がよくなり、あなたのパートナーは、よりあなたとのセックスで快感を感じやすくなるでしょう。セックスの体位によって締まり具合も違いますし、ペニスサイズなども人それぞれなので一概には言えませんが、たとえば同じ正常位でも、膣トレをしてからのほうが、「いつもよりもなんだか締めつけてくる」と感じる男性は多いのではないでしょうか。

力の入れ具合を調整できるようになると、体位によって膣の締まりにバリエーションをつけることができてよいかもしれませんね。

3.コアガスムを感じるようになる

コアガスムとは、性的なことを考えたり行為に及んでいるときでなくてもオーガズムに達してしまうことを言います。コアエクササイズと呼ばれるヨガなどを行うと脳内にアドレナリンやエンドルフィンが分泌されることで腹筋や脚の筋肉が緊張します。その神経刺激が骨盤底筋に伝わり、骨盤底筋が振動することが膣に影響を与えるからではないかと言われています。
骨盤底筋を鍛える膣トレによって、よりコアガズムに達しやすくなるのは、医学的な根拠としてはまだ立証されていないのですが、関連は深そうですね。コアガズムを感じる人は、セックスのときも感度がかなり高いといわれているので、試してみる価値はありそうです。

4.子宮脱の防止

加齢とともに筋肉はどんどん弱くなっていきます。高齢になり、骨盤底筋の「支える力」が弱くなると、骨盤底筋によって今まで支えられていた子宮が膣から出てきてしまうことがあり、これを「子宮脱」と言います。骨盤底筋をしっかり鍛えてあげることによって、子宮脱を防止し、感染などの二次的な疾患の予防にもつながります。

5.尿漏れの防止

こちらも、加齢によって骨盤底筋が弱くなることで起こる尿漏れや頻尿と言ったものが、骨盤底筋をしっかり鍛えてあげることによって防げます。骨盤底筋は、膣をひきしめるというだけではなく、子宮を支えていたり、排尿にも関わっている大切な筋肉。骨盤矯正にも、骨盤底筋は重要な意味があるので、体型維持や代謝アップにも非常に重要です。

6.膣トレってどうやるの?

では、膣トレはどのように行えばいいのでしょうか。簡単なやり方としては、電車に乗っているときや座ってデスクワークをするときに、おしりの穴をぎゅっと締めたり緩めたりという体操をしてあげることです。ゆっくりとした呼吸に合わせて、「膣をぎゅっと締める」イメージを頭の中でしながら行うとよいです。

エクササイズを効率よく行うためには、お風呂の中ですることがおススメ。体があたたまって、血流が上がった状態がよいでしょう。湯船につかりながらリラックスした状態で、膣と肛門を締めたり緩めたりしてみてください。
| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

やってはいけないオナニーって本当にダメなの?| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン

2018-02-24

ネットを見ているとやってはダメな危険なオナニーが

解説してあるのを見受けられます。

そのやり方でないとイケないという女性がいるようで

癖のあるオナニーとのことです。

結論を言うと中イキするためにはやっても

やらなくてもあまり影響はないです。

しかしセックスの最中、クンニや愛撫でのクリイキには

影響を及ぼす可能性はあります。

以下が4つの女性がやってはダメなオナニー方法です。

脚ピンオナニー

オナニーの最中に両足をピンと伸ばして力むことでオーガズムを誘発します。

この不自然な体勢が実際のセックスでなることが少ないため、

悪い癖が付いてエッチの最中イケなくなると言われています。
シャワーオナニー

水圧の強いシャワーでクリトリスを刺激するオナニーです。

水での刺激と指や舌での刺激が全く違うので、

これでイキ慣れてしまうと男性からの

刺激でイキにくくなると言われています。
押し付けオナニー

机の角、太もも、座布団などにクリトリスを押し付けるやり方です。

非常に強い圧力がクリトリスにかかるため、

指や舌との刺激と違いイク事が出来なくなると言われています。
電マオナニー

電動マッサージ機をクリトリスに当てて刺激します。

電マは強弱の調整が出来ますが

自制しないと刺激がどんどん強くなっていき

クリトリスが麻痺してしまうようです。

これら4つの共通点はすべてクリトリスへの刺激です。

それなので男性の指や舌でイキたいのであれば

これらは控えたほうがいいです。

対策としては自分の指で軽く触れる程の

弱い刺激で感じられるようにクリの感覚を磨くと良いです。

最初は全然もの足りなくても毎回繰り返していると

だんだん慣れていき指でも十分感じられるようになります。

男性でも強めのグリップや床オナなどで

セックスでイキにくくなります。

女性のクリトリスも男性のペニスに相当する器官なので

基本的に同じで感度回復は可能だと思います。

強すぎたり特殊な刺激に慣れていて

改善したい場合は徐々に刺激を弱くしていく

オナニーに慣らすことをおすすめします。

ソフトタッチでクリイキ出来るようになれば

男性の舌や指で(男が下手でなければ)

イケるようになります。

しかしペニスの挿入で中イキしたいけど出来ないという女性にとって

4つの女性がやってはいけないオナニー方法を

改善したところで中イキ出来るようになるわけではありません。

膣内の感度が上がる訳でもありません。
| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン