結婚のお誘いを引き出すには、体の愛情表現がポイント?! 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

さて平安時代も彼の気持ちを、正式な結婚を決意させるまでに高められるかは、女性としての大きな勝負所でした。セックスに到るまでの心理的な抵抗感が少ない時代であればあるほど、ライバルは多くなります。しかし、関係初期のセックスに限っていえば、「何をするか(ラブテクニック的な意味で)」よりも、「誰とするか」ほど大事なものはないのではないでしょうか。結局、身体の合う・合わないとは本能的な絶対的なものです。

月夜

また、正式な結婚ができるか、それとも時々会う程度の恋人的な存在で終わってしまうかどうかは、男性が三日連続で通ってきてくれるかにかかっていました。三日連続で会える、つまり飽きずにセックスできる相手というのはかなりハードルが高い気がしますが、それだけ身体が合う相手以外は、とてもじゃないけど長くは続かないよ…というのが平安の人の教えなんですね。恋愛と結婚は別といいますが、どちらも自分の身体と心が「相手に運命を感じられるかどうか」にかかっていると思います。

現代の外国(とくに欧米・南米)の恋愛文化の多くには、現代日本のような告白文化はありません。気になる人だから早いうちにキスやセックスをしてみて、その時のフィーリングを重視して、付き合える相手かどうかをお互いに決めるという感覚です。その先駆けが、貴族だけでなく、庶民の間でも日本の平安時代には行われていたようです。

セックスを特別視しすぎないこと。さらに「好き」という気持ちを言葉だけでなく、身体でも十分にお相手に伝えられるよう、本能的なセンスを磨くのは大事なことではないでしょうか。