経済とセックスの移り変わり1 平安時代の結婚とセックス/ 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

平安時代、女性は「職場」が出会いの場だった?!

「運命の人と出逢いたい」という想いを抱き、毎日を生きているのはなにも現代人だけではありません。そもそも現代人以上に、平安時代の人々の恋愛感覚は、研ぎ澄まされていたと思われます。平安時代といえば1000年ほど前の昔ですが、日本ではすでに世界初の長編恋愛心理小説である『源氏物語』が書かれていました。それは日本にすでに洗練された恋愛文化が存在していたことの証しです。

平安時代の女性

また古代日本の恋愛文学が女性だったのも、たとえば『源氏物語』の作者・紫式部も「女房」という、宮中で働く女性だったことが影響していると思います。ある史料によると9世紀以降は、女房たちへの現金給与の支給は滞りがちだったとされますが、そのデメリットを超えるよさが、女房の仕事にはありました。彼女たちが仕える最上流階級のお屋敷には多くの男性たちが訪れました。「出会い」が期待できたわけですね…。