経済とセックスの移り変わり その9 こんなに変わった!理想の女性像/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

縄文時代の「理想の女性」は安定感が重要?!

古代日本…たとえば縄文時代に(沖縄を除く)日本中でさかんに作られた土偶には、理想の女性像を摸して作られたのであろうと思われる点が多々、見うけられます。胸は小さめですが、どっしりとした足腰が強調されているのが特徴です。縄文人の考えた理想の女性とは安定感があって、ドーンと構えているタイプだったのではないでしょうか。

縄文時代は狩猟社会でした。腕力・体力のある男性中心の社会になりがちですが、パワフルな男性を称える像より、肝っ玉かあさんのような体格の女性像が日本では多数作られたことは、興味深いと思います。

日本が狩猟社会から農耕社会になっていった弥生時代に作られた女性の埴輪は、女性の土偶にくらべれば華奢にはなっていますが、それでも男女でデザインの差は比較的小さいです。古代日本は男性のチカラが強い社会ではあったのでしょうが、女性の存在や貢献は他国以上に重視されていたのでは…と思われるのです。

7世紀のモテ女性「珠名」は、キラキラ女子?