究極のイクメン?!オスが子育てするタツノオトシゴ/ 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

男女どちらも妊娠できたらいいのに…!

哺乳類はメスが胎内で赤ん坊を育てることにより、卵を産む動物に比べて出産(孵化)までの死亡率を下げるのに成功し、繁栄してきました。しかし現代社会、特に先進国においては女性の社会進出が進んだにも関わらず、未だに女性に妊娠・出産・子育ての負担が集中している状況です。

「女だけが妊娠するのではなく、男でも女でも、都合のつく方が妊娠・出産できるようになればいいのに」 と思ったことのある女性もいらっしゃるかもしれません。実は、自然界を見渡すと、「オスが妊娠に近い形で、負担を引き受ける」生物も存在します。その一つが、タツノオトシゴです。

オスが妊娠する?!タツノオトシゴ

アタツノオトシゴ勢揃い

タツノオトシゴは、その外見に負けず劣らず奇妙な繁殖行動をします。こんな外見でも魚類なので、胎生ではなく卵生であり、卵を産むのはメス。

しかし、その卵を育てるための袋、「育児嚢(いくじのう)」がメスではなくオスの方についています。 哺乳類でも、コアラやカンガルーなどの有袋類は育児嚢を持っていますが、彼らの育児嚢はメスにしかありません。タツノオトシゴは逆に、オスにしか育児嚢がないのです。

彼らがどのように繁殖するかというと、メスが輸卵管(ゆらんかん)をオスの育児嚢に差し込み、産卵します。オスは育児嚢の中で卵を受精させるのです。当然、オスの育児嚢は大きくふくらむので、これを指して「オスが妊娠した」ということもあるそうです。

卵が孵化するまでは二、三週間かかりますが、孵化してもオスの仕事は終わりではありません。ある程度の大きさの稚魚になるまで、そのまま育児嚢の中で育児を続けるのです。 有袋類が出産後も、育児嚢の中で授乳と育児を続けるのに似ていますが、オスの仕事であることが最大の違いといえるでしょう。