男性の妊娠力を高める5つのこと/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
女性だけでなく男性にとっても、妊娠力を高めるには、健康であることが一番重要です。それを大前提としたうえで、気をつけておくとさらに妊娠力が高まると言われているポイントを5つご紹介します。
(1)ブリーフよりトランクスをはく
女性の不妊は「冷やしてはいけない」と言われていますが、男性の不妊は「冷やした方がいい」とされます。それは、精巣が精子をつくり出すには、体温よりやや低い温度にあるのが良いとされているため。睾丸が体の外に出ているのも、座った時に男性が脚を開くのも、そのせいだといわれています。したがって、下着もぴったりとしたブリーフより、風通しのよいトランクスのほうが温度を下げる効果があり、妊娠力を高めるにはおすすめといえます。
(2)たばこは禁煙または本数を減らす
たばこが妊娠に悪影響を及ぼすことは、さまざまな研究から明らかになっています。男性の場合、精子の数が減少する、運動率が低下するといった影響があるので、禁煙をするか、そうでなくとも本数を減らす努力はしましょう。
(3)ダイエットをする
肥満は男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を減少させ、女性ホルモン(エストロゲン)を増加させます。そのため、精子の数が減少し、不妊の原因になると言われています。また、男性の肥満は、生まれてくる子どもやその孫にも受け継がれるという研究結果も出ています。体型が気になっている男性は、先のことも考えてダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。
(4)アルコールはほどほどに
アルコールの摂取量も、テストステロンの分泌量に関係してきます。アルコールの摂り過ぎは、テストステロンを減少させ、不妊の原因となるので、飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。
(5)薄毛治療や育毛剤を休止してみる
一部の育毛剤や男性型脱毛症(AGA)の治療薬に含まれる「フィナステリド」という成分は、男性不妊の人の精子の濃度を著しく低下させるとの報告があります。人によっては、10倍以上も濃度に差が出る場合も。詳細はまだ判明していませんが、妊娠を望んでいるのであれば、育毛剤の使用は中止してもらったほうがよいでしょう。
そのほか、よく言われることですが、睡眠を十分とったり、ストレスを軽減させたりすることも、大切です。