男女間の性欲ピークの違い(女性編) /愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

それに対して女性はどうなのでしょうか。女性のホルモンであるエストロゲンは、生まれたときからその機能を発揮しているわけではなく、通常、8~10歳ごろからようやく働き始めるといわれています。エストロゲンの分泌のピークは人にもよりますが、20代以降と言われていて、40歳ごろまで分泌がある程度続きます。性ホルモンが、性欲に関係していると考えると、女性の性欲のピークが男性よりも比較的年齢を重ねてからだという話も一理あるかもしれません。
先ほどお話した通り、女性は10代のころにセックスに対しての不安感や恐怖心が勝ってしまう時期が訪れます。実際にセックスを経験しても、緊張して濡れていなかったりなどが原因で、セックスによる本当の快楽を知るのは、性交渉をしばらく重ねてからです。何度かのセックス、人によっては何人かのセックスを経験して初めて、「セックスって気持ちいいものだ」という認識が芽生えて、そこから性欲が急上昇していくというのが、女性の性欲のピークが男性よりも遅れてしまう原因だと考えられています。
もちろん、個人差もあるので全員が当てはまるわけではないですが、特に20代後半以降の男女において、性欲の差を感じることがあるのは、ある意味仕方がないことなのかもしれません。