江戸時代の実践的な体位テクニックってあるの?・愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

俗に、「四十八手」といえばセックスの体位。48種類の体位がありますが、よく見てみるとアクロバティックなものが多く、「彼と一緒に実践したい」と思える現実的な体位の数は中々ありません。せっかくならば、もっと彼と実践できる体位のテクニックについてたくさん知りたいですよね。

そこでオススメなのが、『風流御長枕』(ふうりゅうおんながまくら)。こちらでは八種の体位が紹介されていますが、現代でも親しまれているベーシックな体位の快感を、よりアップさせるような方法が書かれているのです。

今回は中でも有名な四種類を、厳選してご紹介いたしましょう。

いつもの体位をもっと気持ちよく!その1:正常位「本手取り」

まずは正常位をもっと気持ちよく感じる為のテクニック、「本手取り」という体位について確認してみましょう。『風流御長枕』には、このように記載されています。

「男、長突きにゆるゆると遣り掛け、女のもがく拍子に乗らず、まことに嬉しがる奴は、男の拍子を抜くに従ひ、なをもがき強く、命の洗濯水流れ出づるぞかし」

高速のピストンではなく、ゆっくりとした抜き差しが女性の快感につながる…と、推奨されています。続いて…

「足の指の屈んだ所、又、自づから顔が仰向くは、いづれも御合点か」

とあり、女性が本当に感じているかどうか、反応を観察することも忘れてはいけないと書かれています。これはやはり「女性の気持ちいい場所を男性が知る」ということが、この体位の快感に必要不可欠だからなのでしょう。さらにピストン運動のテクニックとして…

「内、外に攻めてみたまへ」

とありますので、直線的な運動ではなく、膣の内側や外側をこねるように動くことも大切ということですね。
正常位での女性側のアプローチとしては、気持ちいい速度や場所、動き方を相手にしっかりアピールする…ということが効果的でしょう。