江戸時代のセックスマニュアルに、Gスポットの愛撫テクが?! 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

今からおよそ250年前、明和年間(1765~1772年頃)に書かれた『艶道日夜女宝記(びどうにちやじょほうき)』には、「陰みゃくの法」として、女性器の特別な愛撫法が書かれています。「陰みゃく」とは、女性自身も知らない性感帯のことです。具体的にはこう書かれています。
「ゑんこう渡すは、中指と人差し指の腹にて、玉門の内なる袋のやうなる物の、其はらを撫でる也。又、へのこの出入りも此処を擦るがよし」
つまり『艶道日夜女宝記』によると、幻の性感帯は、「玉門の内なる袋のような物の、其はら」にあるようです。そこを、「ゑんこう渡す」。「ゑんこう」とは、人形浄瑠璃の用語で手のこと。「ゑんこう渡す」で、手による愛撫のことです。
さらに具体的に、「中指と人差し指の腹にて……其はらを撫でる也」と愛撫法が記されています。現代語に訳すと、
「中指と人差し指を膣に差し入れて、その上部にあるふくらみを、指の腹で愛撫する」
ということです。
膣の上部のふくらみと言えば、現代医学で言う、Gスポットのこと。そう、つまり江戸時代の頃から、女性のGスポットの存在は知られていたという事なのです!驚きですよね。