江戸時代に発見された、究極の愛液があった!?愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
女性の神秘の一つである「愛液」。その愛液に何種類かあることは現代医学が解明しましたが、実は現代よりも圧倒的に科学技術の劣る江戸時代の人々も、そのことには気付いていたんですよ。現代医学が解明した愛液の種類には、バルトリン腺液、膣液、スキーン腺液、膣内分泌物、子宮頸管粘液などが挙げられます。たとえば、Gスポットへの刺激などで起きる、俗に言う「潮吹き」は、Gスポット周辺から分泌される、スキーン腺液だと言われています。
また、女性の感じ方によっても、愛液はその成分や状態を変えることはご存知でしたか?とても感じたセックスで、白く泡立つような愛液が分泌された記憶がある方もいらっしゃるでしょう。男性器を挿入すると、摩擦で泡立ち、無色透明だった愛液は白く変色することがあります。しかし江戸時代の人々は、さらなる究極の愛液、「眞液」(しんえき)が存在すると考えていました。(ちなみに愛液全般は「津液」(しんえき)と呼ばれています。)
今回はその「眞液」について、江戸時代の艶本を参考に詳しくご紹介しましょう。