江戸時代にピストン運動の指南書があった!?愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

現代でも一般的なピストン運動のテクニックとして、「九浅一深」(くせんいっしん)というテクニックが知られています。実は、江戸時代にはすでに、このピストン運動のマニュアルが書かれていました。
まず江戸時代のピストン運動に関する知識ですが、戦国武将たちに読まれていたという艶本『黄素妙論』(こうそみょうろん)によると、「深く入れるだけではダメだし、大きいのがいいと言うわけでもない。その時女性が突いて欲しいと望むところを突くのが快感につながる」と書かれています。
まさに真理ですが、これでは男性は少々困るでしょう。「突いて欲しい箇所」を適切な指示ができる女性は、それほど多くありませんからね。
そんな人にオススメしたいのが『房内戯草』(ぼうないたわむれぐさ)。この艶本は『黄素妙論』よりも後の1663年頃に書かれており、「九浅一深」を最初に提示した本と考えられます。
ピストン運動の具体的な方法とは

『房内戯草』には、ピストン運動の前から、以下のように書かれています。
「最初は、男性器を少し挿入して、すぐに抜くようにする。そうすると女性は欲しがって乱れるが、わざと指でいじって、焦らしてやってから、挿入して、二度~三度動かす。女性が腰を押しつけてきたら、三センチほど入れて、上下をむらなく擦り回すと、寒い夜に氷水を浴びせられたかのように、女性は快感に身をおののかせる」

数値を用いて、とても詳しく説明されていますね。これなら『黄素妙論』のように困ることはなさそうです。
愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」