江戸時代にもあった!フェラチオテクニック/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
恥ずかしいけど、彼から求められたらしてあげたいのがフェラチオ。もちろん江戸時代にも、「口取り」として存在していました。日本では「口取り」は遊女の技術として発達しましたが、江戸時代になると、素人の間でも普及していったようです。
艶本の一つである『女閨訓』には、「口取り」のやり方が詳しく紹介されると共に、精液を「ゴックン」することが推奨されています。今回はその中身を詳しく解説いたしましょう。
これが江戸流!フェラチオテクニック

「口取り。口にて精汁を吸い取る法なり。唇淫(しんいん)とも言ふ。口にて行うと云ふも、大半は手にてこれを助くるなり」
まず、口だけではなく、手を使うことが大事だと書かれています。
続いて…
「すなわち我が身は夫の仰向けに臥せるそばに座し、右の手にて男根を握り、締めつはやめつ、こき上げこき下し、同時に唇にて雁首をくわへ、舌先に力を入れて鈴口の辺りを舐め廻すなり」
つまり現代の言葉に直すと、「手で夫のものを握ってこすりつつ、カリの部分をくわえて、舌で鈴口(射精口)を舐めまわして責めましょう」という事ですね。
「この時また、親指の腹にて鈴口を強く幾度も擦る時は、夫の気の逝くを早め、堪へ難く快くするものなり」
鈴口は舌で責めるだけではなく、指での奉仕も忘れてはいけません。
「しかして、手にて強く小刻みに摩擦すれば、男根次第に熱くなりて脈を打ち、夫の腰自然に高まり来るものなり」
口と同時に手で小刻みにこすって奉仕を続けると、男性の性器が熱く脈打って、イキそうになります。
「この時は精の洩れんとするならば、心して口にくわへ、精汁やがてほとばしり出ずる時は、乳を吸ふ如くに、舌を動かして吸ひ取り呑み込むなり」
男性がいきそうな様子を見せたら思い切って口にくわえて、精液を飲んであげましょう。さらにその時ただ受け止めて飲むだけでなく、赤子が母乳を飲むときのように舌を動かして吸い取って飲み込むと、より男性の快感が増すという事のようです。