武士はどんどん平均初婚年齢が上がっていってしまった?!愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

武士の家などの女性は江戸時代も以前とかわらず、十代半ばくらいで結婚をするのが普通でした。しかし、「外で男は働き、家は女が守る」というタテマエが特に強かった武士などでは、そのタテマエゆえに、男性の平均初婚年齢は皮肉にもどんどん上がっていってしまう傾向がありました(特に下級~中級程度の武士、現代でいう公務員の場合です)。

武士の給料は物価の上昇があったところで、江戸時代初期に幕府が出来て以来、ほぼ変わることはありませんでした。しかも武士の人口も時代と共に増加傾向にありましたが、人数が増加しても、それに見合うだけのポストは新設されにくいのですね。ですから「外で男は働き、家は女が守る」というタテマエに見合うだけの経済力を武士の子どもが持てるようになるのは、江戸時代前期で二十代中盤。江戸時代後期にはさらに進んで、なんと三十代中盤に…。

その年で、十代半ばのお嫁さんを、それもお見合い結婚でもらっても、コミュニケーションは上手くいきにくいでしょう。武士の離婚率は庶民よりも高かった…というのもうなずけるわけです。