有料の場合、性風俗関連特殊営業の届け出が必要

無店舗型性風俗特殊営業届出確認書風俗営業法「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」は風俗の営業に対しての法律です。

都道府県ごとに「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例」なんかもありますので届け出を出した業者は法律・条例を順守し営業しないといけません。

その中で定められている営業形態の一つに性風俗関連特殊営業というのがあるのですが、有料であれば性感マッサージは絶対に性風俗特殊営業の届け出を出さないといけません。

性風俗関連特殊営業を無届出で営業した場合は違法になりますが、完全に無届出という事で取り締まりの対象になるのは、「その人との間に金銭の受理があるのかどうか」です。

有料の性感マッサージで無届は取り締まられます。

なお、無料の性感マッサージは今後、社会問題として問題になってきた場合、無料でやっていても見せしめで摘発される事はあるのではないかなと思っています。

女性とのトラブルが無い限りはいきなり逮捕や摘発という事は無いと思いますが、逮捕や摘発に関しては警察の判断で行うことが出来ます。

その後、違法か合法かの判断は裁判所で裁判によって判断される事になりますので世の中の見解がそうだからと言って逮捕や摘発をされないという根拠にはならないので提供者はそうなるかもしれないとある程度覚悟して提供していると思います。

ただ「店舗名(屋号)」を表示し、お店として運営している場合は、店というものは、そもそも一般的に商業的な活動(商売)を行うための建物や商品やサービスを提供する場所を差すので、そういった社会通念上の観点からみると「お店は商業的な活動をしている」と見なせなくもないので絶対に営業という形態ではないとも言えないような気もしますが‥。

ちなみにこの法律は性風俗関連特殊営業の範疇を「異性を相手にした性的サービスを行う店」という前提で成立しているため、同性相手の性的サービスを行う店は対象に含まれず、戸籍上の性別が男性であるニューハーフが男性客を取る場合、取締対象とならない場合があるのでそういうお店は届け出を出していない場合もあります。(取締対象とならないとは限りません)

女性の視点で見ると届出店は「本番行為の禁止」「警察が所在を把握している店舗」なので、そのあたりは安心の材料になるのではないかなと思います。

 

どんな目的で利用されている人が多い?

ご利用される動機は好奇心にプラスして大体、こんな動機でお問い合わせしてくれる女性が多いです。

「パートナーには恥ずかしくて言えない、普段とは違う性的行為をしたい」
「パートナーとだと恥ずかしくておもいっきり感じれない」
「駆け引きなしで楽、演技しなくていい」
「パートナーが淡泊で、セックスレス」
「パートナーが自己中なHで、セックスが楽しめない」
「時間をかけて、ゆっくり気持ち良くさせてほしい」
「しがらみなしでもっと気軽に欲求不満を解消したい」
「出会い系とかセフレだとバレるのが心配」
「出会い系とかセフレだとセックスだけを楽しめない」
「ドキドキ感や刺激を求めて」
「イったことがないのでイってみたい」
「セックスにもっと自信を持ちたい」
「不感症なんです」
「セックスが好きじゃない」
「処女が恥ずかしい」
「人肌が恋しい」
「さみしいので誰かと肌を重ねたい」
「子供を産んでから女として見てくれない」
「アロマの香りに癒されながら気持よくなりたい」

ざっと上げてみますとこんな感じでしょうか。

 

お問い合わせ