月経とホルモンの関係…/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
女性の月経周期には、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期にわかれます。 月経開始後6~12日になると、卵胞期に入り、卵胞ホルモン(別名エストロゲン)の分泌が高まります。排卵期(月経開始後13~15日)になると、このエストロゲンの分泌はピークになります。
月経前2週間の時期を黄体期といい、黄体ホルモン(別名プロゲステロン)の分泌が高まります。 月経中は、すべてのホルモンの分泌は低下しています。
「卵胞ホルモン」エストロゲンって何?

エストロゲンとは、卵胞ホルモンとも呼ばれて、月経開始6~12日頃にあたる卵胞期に分泌されます。エストロゲンは、別名「美肌ホルモン」と呼ばれていて、皮脂の分泌が整い、肌調子が良くなります。適度に保湿され、ニキビができにくい肌質になります。この時期は、スキンケアをする上でも、新しい化粧品を試してみたり、ピーリングを行ったりなど、比較的積極的なケアが行える時期でもあります。
また、メンタルが安定し、イライラしにくいこの時期は、大切な人とのデートにおすすめです。そして、エストロゲンの分泌とともに、コラーゲンが生成されるため、肌ツヤがよくなるだけではなく、女性らしい体を作ってくれる女性にとって嬉しい期間。エストロゲンはまさに、「女性がきれいになるために大切なホルモン」と言えるでしょう。