春画は江戸時代の、重要な嫁入り道具の1つ!/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

実際、嫁入り道具の中に、そっと春画を忍ばせるのが、当時の習慣でした。これは経験不足の娘に与えるマニュアルであったと同時に、縁起物としての意味もあったようです。
そのようにして使われるうちに、いつしか春画は「めでたいもの」として扱われるようになり、「蔵の中に春画を入れておくと火事を免れる」「鎧櫃の中に春画を入れておくと、弾丸に当たらない」という俗信も生まれました。この俗信は日露戦争の頃まで続き、軍が「弾に当たらぬおまじない」として、春画を配布することまであったそうです。
また春画の特徴の一つとして、「着衣のままのセックス」が描かれていることが多く、全裸でのセックスが描かれていることは少ないことが挙げられます。これは、空調設備がなかった江戸時代、セックスは普通、着衣のままおこなうものであったからといわれています。そのほかに実際に呉服商がスポンサーになっていたケースもありました。春画は広告の一つでもあり、ビジネスの世界でも活躍していたというのは驚きですね。
現代の女性には『春画』を一度も見た事がない、という女性も多いかと思います。今はラブテクニックはインターネットの膨大な情報の中からいくらでも探せるから…というご意見もあるかもし れませんが、縁起物という観点で春画を手にしてみると、もしかしたら何か良い出来事が起きるかもしれませんよ。この機会に是非『春画』の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?