明治時代以降の「恋愛至上主義」と「処女崇拝」/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

明治時代以降、日本人の恋愛文化は大きな転換点を迎えます。「人間は誰でも恋愛すべきだ」という恋愛至上主義が、都会在住の男女を中心に流行しはじめます。しかし、その一方で「女性は結婚するまでは処女でいなくてはいけない」という、かなり堅苦しい純潔主義も根付きはじめました。(このふたつ、ある意味で矛盾もしていますよね)。

女性は男性に管理されているべき存在だという従来の儒教的な文化に、キリスト教を経由した「処女崇拝」の欧米的な文化が接ぎ木されたのでした。