挿入で気持ちよくなるためのオナニーはどうするの?| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

挿入で気持ちよくなるためのオナニーはどうするの?

「おちんちんで中イキできるようになりたい」

そう思うのであれクリだけにとどめておくのではなく

膣内のオナニーも積極的にしていく必要があります。

もちろん最初いきなり膣に指を突っ込んでも

気持ちよくなれない人が殆どでしょう。

まずは前戯から

最初に前戯として自分の太ももや首筋、

鼠径部、脇腹などゆっくりフェザータッチで

触りましょう。

フェザータッチとは指の腹で皮膚と触れるか触れないか程度の

距離感で産毛を撫でるような繊細なタッチです。

男性に触られてくすぐったい女の子も

自分で触ればそれほどくすぐったくないはずです。

どうしてもくすぐったいときは、指の圧を少し強めにしたり、

指ではなく手のひらで触ると、くすぐったさが軽減されます。

触る順番は基本的に

感度が低いところから高い所へです。

例えば、脚なら太ももの外側から内側へ。

おっぱいなら乳房から乳首へ。

そして乳首やクリトリスは前戯の仕上げに触りましょう。

おかず妄想か映像か実体験か?

女の子が感じるために物理的な刺激も大切ですが、

精神的な刺激を加えるとより感度が上がります。

最近では女性向けアダルトビデオやBL漫画など

おかずがたくさんありますし、ネットで簡単に手には入ります。

しかし映像コンテンツを使うと楽ですが、

妄想力、イメージ力が落ちてしまいます。

セックスで深く中イキ出来る女性や

トランス状態になれる女性は

ほとんど妄想力、イメージが得意で

集中力が優れています。

感度が良くなるためには集中力も磨かなければなりません。

安易にネット動画などのおかずに頼ってばかりいると

エッチの時に大事な集中力を養えません。

前戯では自分が興奮するような

妄想に集中しながらやりましょう。

中オナニーの前にクリイキは必要か

たまにセックス関連の本や雑誌記事など読んでると、

『中イキの前にはクリイキさせなければならない』

なんて事が書いてありますが

中に挿れる前に必ずしもクリイキする必要はありません。

前戯オナニーで中がしっかり濡れて興奮度が高い状態に

持ってこれたら無理にクリイキしなくても

膣内を開発することは可能です。

もちろんイケるならイってもいいですけど、

絶対にクリイキしなければ中イキ出来ない

というものではありません。| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」