| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」「私から求めていいの?」オトコに引かれない、いいオンナのルール

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
「私から求めていいの?」オトコに引かれない、いいオンナのルール

女性からセックスを求めるのってアリ?ナシ?

もしかしたら、たまには自分から誘った方が彼は喜ぶの?

他の女性がどうしているかわからない・・・。そんな疑問を解決するヒントを調べてみました。

1)相手が思わず「求めたくなる」女性になる

そもそも、 相手が「その気になる」雰囲気を作れるようになることが大切。

直接的に言葉で「したい」というよりも、そう思っていることをしぐさや雰囲気で伝えられる女性の方が魅力的に見えますね。

簡単にできることとしては、いい香りを身にまとったり、唇や指先など「行為」を連想させるパーツを意識してみましょう。

決して「する」ことを強要するのではなく、自然とその気にさせるようにさりげなく男性を刺激する。

そうすることで、男性はあなたに色気を感じ、「カラダに触れたい」「自分だけのものにしたい」と思うでしょう。

2)求めるのは「毎回」ではなく「ときどき」

女性から求められることは、男性にとって嫌なことではありません。

でも、会うたびに求められれば「淫乱」な女と誤解されかねません。

また、毎回必ずセックスできる女性と思われてしまうと、飽きられてしまうことも。

あくまでも、「ときどき」「たまに」求めることが、相手をドキドキさせ、虜にするコツです。

また、すべてをさらけだすのは、いざ二人が求め合う状況になったとき。それまでは、想像力をかきたてるような部分を残しておきましょう。

初めての相手にいきなり自分からは求めるのはタブーです。

3)「脱ぐ」こともセックスの一つと自覚して

自分から脱ぐことは相手を興奮させることだと思っていませんか?男性にとっては、女性の服を脱がすこともセックスの楽しみの一つなんです。

その時のムードや雰囲気にもよりますが、早くして!と言わんばかりに自分からさっさと準備するのはやめた方が無難です。

4)してほしいことは、「恥じらい」ながら伝える

男性は女性から「○○して」「○○がイイ」というような言葉を聞くのは嬉しいもの。最中に彼女が思わず発する言葉に、気分はさらに燃え上がるでしょう。

その時に注意したいのは、あくまで「恥じらいながら」伝えること。

次にしてほしいことを、ああしてこうして・・・というような、具体的な指示をするのはやめましょう。逆に、何も言わないのもかえって男性を不安にさせるようです。

自分から積極的に求めるということは、自分からどんどん進めるということではありません。女らしさを忘れないのが、彼に引かれないポイントです。

実は求められると男性は嬉しいもの。

ちょっと恥じらいながら、たまに・・・のタイミングで、少し積極的な自分を出してみてはいかがでしょうか。