| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」ふたりは大丈夫?セックスレスになる心理的理由

ふたりは大丈夫?セックスレスになる心理的理由

●セックスレスの心理的理由4)自立した女性が感じる抑圧

職場でも、日常でも、女性の立場が向上している現代。

男女は対等であるべきという環境のなかで生きてきた女性たちは、男性と同様、競争社会の渦中に。

いつのまにか、 「私、強くなったな」って感じている女性も多いのではないでしょうか。

精神的に自立した女性からみると、パートナーの頼りなさが目につくようになり、
男性側も、相手に「女性らしさ」を感じられなくなってしまう、というケースも多いものです。

男性を下にみてしまう部分があると、心から相手を信頼することはできません。

安心して、パートナーに身を任せることができない状態のセックスは虚しいもの。

こうした「虚しさ」から、逃避するために、セックスそのものを拒否して、セックスがなくてもいい関係を無理やり作り出してしまうことが、セックスレスになる心理的理由のひとつになります。

ですが、心の何処かで欲求を抑えているかぎり、性欲が、精神的な「不安定」に形を変えて、表に現れてしまう危険があります。

お互いが精神的に自立していながら、恐れることなく愛情を与え合える関係性を、心理学では「相互依存」と呼び、理想的な関係とされています。

個人が自立した状態から、一歩踏み出して、パートナーと積極的にコミュニケーションをとることで、より深い「愛」のステージにたどり着けるんですね。

●セックスレスがもたらす「罪悪感」とは?

肉体的、精神的な疲労などで、どうしてもセックスをしたくないときってありますよね。

でも、伝え方によっては、双方に罪悪感が生まれることがあるんです。

断る人は、相手の期待に応えられないという、つらい罪悪感から逃れ、自分自身の心を守るために、つい相手に怒りを感じがちに。

「そんなことばっかり考えて」
「どうして体調を気づかってくれないの」

相手を攻撃するような言葉が出てしまうのも、心の中に潜む「罪悪感」が原因なのかもしれません。

一方、断られた人は、拒否されることで、「相手に求められない自分」に罪悪感を抱いてしまいます。

自分に、男として、女としての魅力がないからではと考えて、自信を無くすんですね。

こうして、断る側にも、断られる側にも罪悪感というつらい感情がつきまとい、お互いにとても苦しい気持ちに。

こうなると、話し合いをしても、お互いの感情が強まるばかりで、わかりあえないという結果になることも。

●相手を傷つけない「断り方・断られ方」

断られた相手も、断った自分も、心のどこかで傷ついてしまう。

そう理解していても、毎回、気持ちよく受け入れられるとは限らないもの。

ここで重要なのは、お互いに、「セックスを断ることと、本人の存在を否定することは別だ」と、理解しておくことです。

断る場合も、コミュニケーションを求めてくれた相手に感謝の気持ちを忘れず、相手を思いやった断り方を心がけるのがベストです。

例)「ありがとう。でも、今日はごめん体調が悪くて・・・。またしようね」

断られる場合も、相手の体調や気持ちを気づかう一言があるといいですね。

例)「気にしないでね。疲れているなら、よく休んでね」

セックスをしない=愛情がない。と安易に結びつけずに、「そういう日もある」とおおらかな気持ちで受け入れられると、お互いに安心できる関係が築けるでしょう。

心の中にある感情を、相手のせいにせず、しっかりと認識し、素直に話し合う。

そうやって、お互いの心のわだかまりを解いていくことで、家族としても、パートナーとしても良好な関係になれるのでしょう。 | 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」