愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」いろんなエッチの体位を自分で試して…

いろんなエッチの体位を自分で試して…

「気持ちいい体位・感じる体位」ってどうやれば見つかるの?

本当のこというと、これって「いろんな体位を試してください」が遠いようで最も近道になると思うのだけど、体位って相手があってできるもの。自分ひとりが「あれやりたいっ」「これやりたいっ」って言っても、相手が「その体位は絶対イヤ」と拒絶するようなら、諦めるしかないですよね。パートナーとのセックスに満足できないと感じたり、いわゆる体の相性が悪いと感じるときもありますよね。そんなお悩みをお持ちの方にこそ、体位の研究をして頂きたいです。

実は、彼の体勢と、あなたの気持ちいいところがぴったり当てはまると、今までのセックスとは比べものにならないほどの快感を得られる場合があります。自分の体の特性に合わせて、彼にそっと気持ちいいと思う感情(体位)をお願いをしてみます。「ここが気持ちいいの…」すると彼が…。気持ちいい体位についてもっと学んでいきましょう!

上つき、下つき…で変わるエッチ

そこで自分ひとりでもできること。ちょっとずつ自分の体を知っていきましょう。「上つき」「下つき」って言葉知っていますか?ヴァギナがアナルの近くにあるか、それとも恥骨のほうにあるか、というものです。アナルに近いほど「下つき」。恥骨に近いほど「上つき」。

目安として、肛門から膣口までは約4cmだと言われています。それより短ければ「下つき」、長ければ「上つき」となります。ふつうに立ったときに、正面から見えてしまうような人は上つきですネ。下つきで、短い人だと1.5cmなんて人もいるようですよ。ちなみに日本人女性は比較的「下つき」が多いといわれています。

体位としては、「下つき」はバックがやりやすく「上つき」は正常位がやりやすいと言われています。ただしこれは男性にとっての挿入のしやすさ。気持ちよさとはちょっと違いますが、やりにくい体位だとしょっちゅう外れたりして、集中できないってこともありますよね。そういった意味では、やりやすい体位は自分向きの体位であるといえるでしょう。

腰・関節の柔らかさ

次に腰の柔らかい、固いというのも体位に関係してきます。腰をうんと柔らかく反らすことができる人は、バックは側位などのとき、腰を自在に動かして、奥まで挿入することができます。
また、股関節が柔らかい人は、体位としては正常位向け。足を大きく開いたり、高く持ち上げたり、いろんな体位にチャレンジできることでしょう。

体型にも関係あるかも

最後に肉づき。太腿が太い人は太腿のあいだに男性が入るようなタイプではない体位。お腹が出ている人は側位やバック、騎乗位。お尻が大きい人はバック以外だと奥まで挿入できますよ。
でも痩せている人よりも、腰まわりの肉づきがいい人のほうが、膣のなかも肉づきがよく、挿入したときに気持ちいいという男性もいるようです。

「気持ちいい体位」を見つけるには、いろんなエッチの体位に挑戦すること。そしてひとつの体位のなかでも、足をからめる、開く、締めつけるなど微妙に当たるポイントを変えながら、自分なりに気持ちよさを感じる体位を追い求めることが、遠いようでいて、近道なのです。
自分の体の特徴などを踏まえながら、いろんな体位に挑戦してみてくださいね!
愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」