| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」性欲

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

突然ですが、「性欲」ありますか?女性にはなかなか答えづらい質問ですが、女性も性欲があるのが普通。

ただし、性欲にまつわる行動を表に出すことは稀ですよね。

一方、男性は性欲旺盛。繁華街には性風俗店がありますし、男性が好む成人向けの動画やサイトもたくさん溢れています。

この男女の性欲の差は何なのでしょうか?今回は知っているようで知らない、男性と女性の性欲の差をご紹介します。

男性は一日一回セックスについて考える 「男性の頭の中はエッチなことでいっぱい」なんて言う人もいますが、 それはあながち間違いではありません。

60歳までの場合、一日に一回以上セックスについて考える男性はなんと6割以上!それに比べ、女性は4分の1以下。

そもそもなぜ男性の性欲が強いのか?という話ですが、その秘密の一つに「男性ホルモン」があります。

その名の通り、男性に多く分泌されるホルモンです。男性ホルモンの中には子孫を残すために、性欲を高める効果が。

この「男性ホルモン」ですが、女性にも少なからず分泌されます。

20代後半くらいからスタートし、40代前半にかけて分泌量が増えていくのです。

男性ほどではありませんが、30代が女性の性欲のピークと言われるのはこのためです。

女性の性欲は恋愛感情ありき 女性は好きな人と一緒にいると「話がしたい」など、コミュニケーションに重きをおきます。その延長線上に、キスやセックスがあると考えていいでしょう。

極端なことを言うと、セックスがなくても一緒にいるだけで幸せなのです。

一方男性は、男女のコミュニケーションよりも性欲に気を取られがち。特に10代~20代半ばくらいまでは男性ホルモンの活動が活発です。

相手を好きという気持ちは本当なのですが、それには必ずセックスがセットになります。

これが若いうちは恋愛観の違いになること多々あるでしょう。男女の性質を理解した上で、対応するのが交際が長続きする秘訣です。

女性の性欲は変幻自在 男性と比べてみると、女性の方が性欲は弱いもの。しかし、誰でも一定の性欲を持っている男性とは異なり、女性の性欲は外的要因によって変化するのが特徴です。

性的なものが悪だとされている家庭で育てば、性欲の薄い女性に育つ傾向が。性にオープンな家庭で育てば、性に開放的な女性になると言われています。

成長してからもお付き合いする男性によって、性欲も変化します。

また、女性は男性よりも同性愛にも寛大。性欲が絡んでいることであっても感情を優先させるので、同性同士の愛情にも理解を示します。

男性同士の恋愛を理解できる女性がいるのも、性欲が変幻自在であることが原因の一つかもしれません。