| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」イッたフリするべき?イキたいのにイケないエッチの対処法

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
イッたフリするべき?イキたいのにイケないエッチの対処法

イッたフリをする

・イッたふりは優しい嘘だから
・相手を傷つけたくないし、イケないのに長時間だとあそこが痛くなるから
・イクことがないから

優しい嘘…思いやりが感じられる、素敵な言葉ですよね。多くの男性は、私たち女性をイカせることで満足感を得ます。逆に言うと、女性がイカないと、自分自身のテクニックに自信喪失状態になることも。そんなふうに考えると、嘘=悪とは限らないでしょう。

また、イクことにこだわり過ぎ、ピストン運動が長時間に及ぶと、性交痛を起こすケースも。膣は想像以上にデリケートな部位ですから、自分の身体を労わる意味でも、イッたフリをするという選択肢はアリでしょう。

そして、「エッチでイッたことがない」という女性も少なからず存在します。充分に快感を得ているし、相手のことも愛している…けれどもイクという段階には達していないケースです。この点に関しては、イクことがすべてではないですから、「イカなかったけど気持ち良かった!」「イケなかったけど、彼氏のことは大好き!」と捉えてくださいね。

イケそうにないと伝える

・そういう日があってあたりまえ
・嘘はつきたくないし、無理もさせたくないから
・彼がイケたらそれでもいいかなと思うか

体調などによってイケないことがあるのは当たり前のこと。手料理と一緒で、上手に仕上がることもあれば、焦がしてしまうなどのミスを起こすことだってあります。これからも続いていく長いお付き合いの、ほんの1コマと捉え、「今日は疲れているのかも」など、上手に伝えてくださいね。

また、男性にとってエッチは、かなりハードな運動量になります。相手の負担も考え、正直に打ち明けるのもまた、優しさなのだと思います。

そして、自分がイクことよりも、相手がイクことに充足感を見出す女性も。「私のカラダで気持ち良くなってくれて嬉しい!」という感情は、女性特有のものかもしれませんね。
いずれにせよ、イケない事実を率直に伝えることで、「次回は頑張ろう!」と、発展性に繋がることでしょう。

イクまで頑張ってもらう

・「ポジションが…」というときは頑張ってもらいます
・イカないと夜ぐっすり眠れないから
・こういうときは二人で試行錯誤して新しい触り方を研究します

挿入角度さえ合えばイケるはず…などの確信があれば、頑張ってもらう価値は大いにあるでしょう。付き合い始めの場合はわかりづらいかもしれませんが、回数を重ねていくうちに、イキやすいポジションを掴むことができるはず。

また、イケなかったことで眠れなかったり、フラストレーションが溜まるのは、ストレスになりますよね。同じベッドで自慰をするわけにもいかないですし。
「イクまで色々試してみよう!」という前向きな姿勢から、新たな性感ポイントを見つける可能性も大!簡単に諦めるのは、もったいないのかもしれませんね。

どの選択肢が正しくて、どの選択肢が間違っているということはないです。ご自身の性格や相手男性の性格、またその場のムードに合った対処法をチョイスしてくださいね。