| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」職場の人間関係をスッキリさせる3つの方法

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

職場の人間関係をスッキリさせる3つの方法

職場の人間関係が複雑になり、息苦しいと感じている女性は多いと思います。職場の人間関係のせいで、仕事がしにくくなってしまった場合は、本末転倒の状況になってしまっています。

仕事をスムーズに行うための、良好な人間関係でなくてはならないからです。ぜひこの機会に人間関係の見直しを行ってみましょう。

◆飲み会や女子会の参加基準を見直しましょう

最初に取り組みたい課題として「飲み会・女子会」があります。職場によっては飲み会や女子会が多すぎるケースがあります。すべての飲み会や女子会に参加をしていると、体調が悪くなり、仕事に支障が出てしまいます。特に一般職の女性の場合は、そんなに頻繁に飲み会や女子会に参加をする必要はありません。特に出世をするしないと関係のない立場ですから、過度に人間関係を良好にしようと思う必要はないのです。それよりも、飲み会や女子会の時間を自分磨きのために使いましょう。素敵な女性になるための時間にしたり、趣味などの時間にして人生を充実させるために使いましょう。飲み会や女子会への参加基準を見直すことをおすすめします。年に一度の忘年会には参加し、4月にある新入社員の歓迎会にも参加をしましょう。お世話になった人が転勤する場合や退社をする場合の送迎会にも参加しましょう。同じように大切な人が仲間に加わったり、去ったりするケースで開かれる女子会には参加しましょう。それ以外の特に意味のない飲み会や女子会には参加しなくて大丈夫です。むしろ誰かが無駄な飲み会に参加しない流れを作ることで、同じように飲み会や女子会が苦痛になっていた人から賛同されることでしょう。その日に飲み会の開催が突如決まるような、意味のない飲み会はスルーしましょう。上司が愚痴を言いたいだけの飲み会ももちろんスルーです。同じように寂しい女子が何となく開く飲み会にも参加しなくて大丈夫です。同僚と親睦を深めたい時は、飲み会でなくランチの方が効果的です。お酒が入っていない冷静な状況で話をしたほうが、意味のある話し合いをすることができるはずです。

◆プライベートでは絶対に会わないと決めます

会社の同僚とは、一線を引いてそこからは出たり入ったりしないことが大切です。人間関係には「けじめ」が重要だからです。特に日中はいつも一緒に同じ空間にいる会社の同僚とは一線を引かないと、ぐだぐだになってしまいます。もう会いたくないと思っても、会わないためには仕事を辞めるしかなくなります。仕事は給料を稼いで、生活を安定させる場所でもあります。無理をせず、クールに、一定の距離を置くことで長く付き合うことができるでしょう。どこに線を引くかといえば「プライベートの空間」です。プライベートの時間を使って会社の同僚と一緒に過ごすのは絶対にさけましょう。会社終わりの飲み会や女子会はOKですが、一度自宅に帰った後に会うのはNGです。例えば同僚同士で旅行に行く人たちがいますが、避けたほうが無難です。旅行に行くと、お互いの人間の本当の部分が出やすくなってしまいます。特に二泊三日以上の旅行に行くと「会社の自分」「よそいきの顔」「クールな私」「素敵な女性社員」の仮面をかぶり続けることは難しいです。きっと2泊目の食事時くらいに、自分が出てしまいます。そしてお互いのことを好きでなくなったり、イライラしてしまったりします。旅行からの帰りの新幹線ではお互いの顔を見たくないほど、嫌いになってしまうこともあります。せっかく良好な関係を築けていたのに、一度の旅行で関係を台無しにしてしまうケースが結構見られます。特に旅行に行くほど仲が良い場合は、その反動も大きいので注意が必要です。

旅行だけでなく「ホームパーティ」も危険です。週末をホームパーティの準備と後始末に使えば精神的にも肉体的にも疲弊します。それほど疲弊してまで築き上げたい価値がある人間関係は、職場にはないはずです。営業担当の総合職の女性以外は、ホームパーティの開催は避けた方が無難です。プライベートは会社の人間関係のためではなく、自分のための時間として使いましょう。

◆「職場で友達を作ろうとしない」と誓います

社会人になってしばらく経つと、学生時代の友達と疎遠になってしまうことがあります。気が付いたら半年以上、学生時代の友達と会っていないことに気が付くこともあるでしょう。そんな時に、寂しい気持ちになってしまうことがあります。友達になぜ連絡をできないか、それにはきちんとした理由があるからです。友達は結婚をして子どもがいるので、そうそう呼び出したりできないという理由、または彼氏がいてラブラブの生活を送っているため邪魔をすることができないなどの理由です。また自分のプライベートがイマイチだと、友達と会って話をすることがありません。元気がない時期は、友達と近況報告をするのも少しわずらわしいと感じるものです。このような複合的な理由から、学生時代の友達と遠ざかってしまいます。また遠ざかれば遠ざかるほど連絡をするのが億劫になってしまうものです。そして寂しい気持ちを埋めるために「職場で友達を作ろう」と思ってしまうことがあります。同じ環境で、同じような給料で一生懸命働いている会社の同僚は、友達にするのにぴったりの存在に映るかもしれません。しかしこの考えはかなり危険です。もし職場の同僚と友達になったらどうなるでしょうか。仲が良い時はいいですが、ケンカをしてしまったら大変です。それでも顔を合わせなくてはいけないので、気まずい気持ちになります。職場の雰囲気もぎくしゃくしてしまうかもしれません。また決定的に仲たがいをしてしまった時も困ります。「元友達」で今は仲が悪い会社の同僚がいる職場は、通いにくいものです。周囲のスタッフにも「仲たがいしたんだ」「あんなに仲が良かったのに」と思われてしまい、気分が悪くなるでしょう。毎日顔を合わせなければならない職場の同僚とは、特別な関係にならないことが大切です。決して寂しいからという理由や、その日の気分やノリ、その場の思い付きで職場の同僚と友達になろうなどと思わないようにしましょう。