| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」イキたい?セックスでイク方法ってあるの?

イキたい?セックスでイク方法ってあるの?

パートナーといろいろな方法を試していれば「これだ!」というイク方法が分かる

実はオーガズムをセックスのたびに感じられているという女性はそんなに多くありません。方法だけの問題ではなく、体調もあるだろうし、気分の問題もあるでしょう。男性が射精という分かりやすい「終わり」があるのに対し、女性は「これ」という到達点がありません。

でも「イク」という体験をしてみたい、もっと気持ち良くなりたいと思って、パートナーといろいろな方法を試していれば「これだ!」と方法が分かる日がくると思います。
そのとき大切なのが、こんなことしたら淫乱だと思われるからやめよう、こんなに大きな声出したらスケベだと思われるからやめよう、などと思わないことです。自分の気持ちにふたをしたままでは「イク」ことはできませんし、方法も分からないままです。
セックスに王道の方法もないし、ノーマルな方法もありません。方法も人それぞれ。している本人がOKならOKなんです。そのため、パートナーといろいろな方法を試すことが、大切です。

彼とのセックスでイケない…『イキやすい体』の作り方とは?

「イキたい」のであれば、「もっと気持ちよくなりたい」と思い続けること

また「自分から誘うなんて女のすることじゃない」なんていうのもやめましょう。女性には生理があって、ホルモンのバランスが変わります。性欲がある日もない日もあるでしょう。したいなと思ったら、そのときにすれば、したくない日よりも、ずっと気持ちいいはず。だって始める時点での気持ちが全然違うんですから!

その日デートできないなどの理由があれば、オナニーしてみてください。
オナニーなんて…などと思わずに、ぜひしてみてください。もしかしたら、すっごい気持ちよくて、イクことが案外すんなりできちゃうかもしれません。 なにより、女性のカラダは磨けば磨くほど感度も高まります。オナニーをすることによって、男性とセックスした時に今までより感じられるようになるでしょう。

要はセックスに対する思い込みが自分の感覚をにぶらせるし、感情にもストップをかけてしまう。「いけないことをしている私」というシチュエーションにドキドキするのなら別ですが。

「イキたい」のであれば、「もっと気持ちよくなりたい」と思い続けること。そして「こうすればもっと気持ちよくなれる」と思ったとき、素直にその行動をしてみることです。 イクためにラブグッズを使って開発するのも、今ではポピュラーな方法です。ちょっと恥ずかしいかもしれないけど、方法は見つかるはず!挑戦してみて!
| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」