| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

バイブの使い方のコツ3選。あなたも感度100%になれちゃうかも!

皆さんはバイブをどのように使っていますか?入れたり、当てたりして使う人が多いと思いますが、もっと感度が上がる使い方があるのをご存知でしょうか?

使い方をしれば、さらに気持ちよくなれるんです!

◆体勢を変えてみる

バイブで(オナニー)をする場合、仰向けで寝て使う方が多いですよね。しかし、その体勢にも飽きてしまいますし、辛いですよね。しかも初心者の方は、なかなか力んで入らなかったりするので、痛くなることもあります。

そんな時は跨るようにして入れてみましょう。つまり「騎乗位の体勢」です。跨っているポーズは自然と全身の力が抜けて、奥まで入れることができます。気持ちいいと言われている「Gスポット」「ポルチオ」は奥にあり、人によっては指では届かない人もいます。もしかしたら、本当の気持ちよさに気付けてないかもしれません。

◆ローションを使って普段しないことをしてみる

普段自分でする時には加減ができるのでローションを使わない人が多いです。しかし、マンネリ化してきてしまったという方は、なにかスパイスが必要になってきます。例えば、いつもベッドでしているという方はお風呂場でしてみましょう。お風呂場なら裸ですし、少し汚れても平気です。大量のローションを使ってヌルヌルになるというトリッキーな一人プレイも自分の心も刺激してくれます。振動するバイブと滑りを良くしてくれるローションは相性が良いです。二つのアイテムで、ちょっとエッチな自分を発見できるかもしれませんよ?

◆乳首にも当てて焦らしてみる

バイブの使い方はデリケートゾーンにいれたり、当てたりするだけではありません。振動を与えられるので、自分の性感帯に当てれば気持ちよくなれます。例えば乳首です。直接デリケートゾーンを刺激するのではなく、乳首を刺激することで焦らしの効果があります。焦らすことで、「触ってほしい…。」という気分になってきますよね?デリケートゾーンの感度を上げるにはとても良い方法と言えます。感度が下がってきた、なかなか本番でイキにくいという方は試してみる価値ありです。乳首に当てる時も、直接当てるのではなく服の上から当てたりすると、感じ方が変わってさらに気持ちよさを感じられます。

いかがでしたでしょうか?バイブでセルフプレジャーをしているという方は色々な使い方が出来ることで、新たな自分を見つけるきっかけにもなりえます。
| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」