| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

問題なのは、愛の有無より快感の有無

問題にされるべきは愛の有無ではなく、セックスの中身ではないでしょうか。

大切なのは、そのセックスが気持ちいいかどうかです。
わかりやすくするために、4つのケースに分けて考えてみましょう。

1、気持ちいい愛のあるセックス

2、気持ちよくない愛のあるセックス

3、気持ちいい愛のないセックス

4、気持ちよくない愛のないセックス

1は理想、4は論外です。
では、ケース3はどうでしょう?

その日初めて知り合った異性と意気投合してセックスした、気持ちよかった。

倫理的な部分を除けば、どこにも問題はありません。
先のことはわかりませんが、むしろ素敵な人生の1ページに数えていいくらいです。

問題なのはケース2です。

愛し合っている(と思っている)異性とセックスした、気持ちよくなかった。
大問題です!

愛は大切です、けれども愛を過信してはいけません。
どんなに愛し合っていたとしても、性に関する知識やセックスのテクニックが不十分だと、気持ちいいセックスはできません。

そして気持ちよくないセックスによる苦痛やストレスは、以前はちゃんと存在していたはずの愛さえも次第に蝕んでいくのです。
端的に言えば、稚拙なセックスは男女の愛をダメにするのです。
| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」