愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

確実に子孫繁栄をするための、さまざまな特徴

メス猫の発情は、飼い猫なら生後5~9ヶ月、野良猫なら15~18ヶ月頃からスタートします。これに対してオス猫の発情は、飼い猫で生後9~12ヶ月、野良猫で18ヶ月頃と、ややメス猫より性的成熟が遅れるようです。猫の発情期は、2~4月上旬、および6~8月頃に訪れることが多いようです。これは温暖な時期に子どもを産んだ方が、新生児の生存率が高まるからでしょう。

多くのメス猫は、14~21日間の発情サイクルを持ちます。サイクルは「発情前期」「発情期」「発情後期」「発情休止期」の4つの周期で構成されます。発情前期になると、メス猫は、オス猫のマウンティングやネックグリップ(メス猫のうなじの皮膚をオス猫がくわえる)を許しますが、交尾までは許しません。この時期、メス猫は複数のオス猫に接近を許すことが多く、メス猫を巡っての、オス猫同士の争いが見られます。

いよいよ発情期に入ると、メス猫は交尾を受け入れるようになります。発情期は、交尾があれば約4日、なければ5~10日間ほど続きます。さて、問題はこの交尾です。実は、オス猫のペニスには、たくさんの小さなトゲがついています。このトゲは、オス猫のペニスがメス猫から引き抜かれる時に、激しい痛みをもたらします。しかし、この痛みが引き金となって、メス猫は排卵するのです。メス猫は、交尾のたびに、人間の女性が初めて経験したときのような、あるいはそれ以上の痛みを感じ、その痛みによって、妊娠を確実にするのです。
愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」