| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」セックスと女性ホルモンの関係

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
セックスと女性ホルモンの関係

「セックスをすると、女性ホルモンが分泌されてキレイになる」という噂をよく耳にしますが、これは、本当なのでしょうか?

女性の2大ホルモン 女性ホルモンとよばれる物質は、 脳の視床下部というところが下垂体へ指令を出し、それに下垂体が反応して卵巣を刺激し、卵巣で作られます。

そのような少し複雑なシステムで分泌されているのが「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。これが女性の2大ホルモンなのです。

この2大ホルモンが、再び視床下部や下垂体に働きかけ、それぞれが出すホルモンの量を調整するように指令を出します。

脳の視床下部と下垂体、そして卵巣は微妙なバランスで連携をとりながら、排卵や月経をコントロールしています。

エストロゲンは、月経をもたらすほか、皮下脂肪を増やして女性らしい丸みのある体を作ります。

体内の保水性を高める効果もあるので、しっとりした美肌やつややかな髪など、女性的な美をつかさどっています。

プロゲステロンは、子宮内膜や子宮筋の働きを調整するなど、月経や妊娠、出産に重要な役割の担い手となります。

この2大ホルモンが調和しながら、女性としての機能を作っています。

ですが、加齢やストレス、また不規則な生活や栄養が偏った食事などによって、ホルモンバランスが乱れることがあります。

そうなると、肌のトラブルや自律神経の不調、またPMSなど、さまざまな不調があらわれます。

女性ホルモンのバランスを整えるためには、規則正しい生活を送るとともに、脳への刺激が重要であると言われています。

医学的にみる「女性美とセックス」の関係 恋愛で感情が高ぶったりセックスの快感によって、体の中では「ドーパミン」というホルモンが分泌されます。

現代医学ではA-10神経という場所から放出されたドーパミンが脳に刺激を与え、興奮や快感をもたらすと言われています。

この快感が性欲などの本能をつかさどる脳の視床下部を刺激し、女性ホルモンの分泌が促されるという仕組みになっています。

日常的に男性の体臭に触れる機会が多い女性は、血中の女性ホルモンの濃度が高いという研究結果もあり、セックスと女性ホルモンの関係は注目されています。

ですが、快感というのは「心理的な要素」に大きく左右されるものなので、
恋愛やセックスをしたからといって女性ホルモンの分泌が活発になるというわけではありません。

また、女性ホルモンのバランスが乱れる要因として、不規則な生活やストレスが大きな割合を占めます。

生活が仕事中心の女性がホルモンバランスを乱しやすい傾向にある、と言われるのは、
セックスをする機会が少ないからではなく、ストレスをためやすい環境であるからと言えるでしょう。

相思相愛のパートナーがいて、愛のあるセックスをしている人は、それだけでストレスを解消しやすい環境にいます。

しかし、辛い恋愛体験や愛情のないセックスをすることで、それ自体が大きなストレスになり、ホルモンバランスを乱す結果になりかねません。

ですので、「無理に恋をしよう」「セックスをしなければ!」と焦るよりも、規則正しい生活、バランスのとれた食事などの方がより効果的なのです。

栄養と睡眠と休養をしっかりとって、体をいたわること。

楽しみをたくさん見つけて脳に刺激を与え、活動的に過ごすこと。

上手にストレス解消法を見つけること。

女性ホルモンのバランスを整えるためには、上記がとても重要です。

本当に好きなパートナーと、愛のあるセックスをすることで、自分の女性性を強く意識することができます。

女性であることを楽しみ、体をいたわる余裕がうまれる、という意味では「セックスが女性をキレイにする」というのは正しいでしょう。

しかし、普段から女性としての自分を心から受け入れ、自分を大切に扱うことでも同じ効果があるので、
セックスだけにこだわらず、女性であることを大好きになりましょう。