| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」セックスで感じる「オーガズム」

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
セックスで感じる「オーガズム」

セックスでの「オーガズム」ついての話、というと、抵抗を感じるかもしれません。でも、決して恥ずかしいことではありません。

パートナーと愛のあるセックスをして、心と体のつながりをより深く感じるためにも、オーガズムについて知ることは大切です。

オーガズム(オルガズム)ってなに? セックスのときに興奮状態になると、体の筋肉が緊張します。

性的な刺激によって、 緊張が積み重なると、体に変化が起こります。

不感症(オーガズム不全)とは? 「セックスでオーガズムを感じたことがない」「かつては感じていたのに、感じられなくなった」など、
女性がこのような状態になることを不感症(オーガズム不全)と呼びます。

多くの場合、原因は男性側との性の不一致や心理的な問題によるものです。

性の不一致の主な原因は、セックスへの知識不足です。

女性のオーガズムは、生理的な刺激を受けやすい陰核(いんかく=クリトリス)や、心理的要因で変化の起きやすい、膣(ちつ)への刺激によって起こります。

もともと、子宮には知覚神経がないため、膣への挿入感で得られるオーガズムは、精神的な(愛情や性的な関心など)要因に左右されます。

このような正しい知識がないまま、膣への刺激を繰り返したり、射精だけが目的の男性本位のセックスをしていると、女性がオーガズムを感じられないケースが出てきます。

一方、心理的な問題とは、性への嫌悪感やパートナーに対する不信感、望まない妊娠への不安などです。

また、女性特有の病気やピルの服用、女性ホルモンの減少などで、性的な欲求自体が減退するというケースもあります。

気がかりな場合は婦人科医への相談も検討するといいでしょう。

不安や心配なことがあれば、パートナーに相談して解決する姿勢が必要です。

女性の場合、セックスで得られる快感には、肉体的な快感よりも、「心理的な安心感」の占める割合が大きいようです。

ですので、自分の女性性に向き合い、体のことを知ることと、信頼できるパートナーとセックスすることが、
オーガズムを感じて、女性に生まれたことの喜びにつながるのではないでしょうか。