| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」『幸せホルモン』を出すカンタンな方法!パートナーと●●するだけで・・・

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
『幸せホルモン』を出すカンタンな方法!パートナーと●●するだけで・・・

『幸せホルモン』を出すカンタンな方法!パートナーと●●するだけで・・・
みなさんは、彼や旦那さんと、一緒のベッドや布団で眠っていますか?

相手の寝相が悪かったり、いびきや歯軋りがうるさかったりすると、ぐっすり眠れないから一人で寝たい!なんて思ってしまいますし、

もしかしたら我慢の限界を迎えて、既に1人寝実行済みという方もいるかもしれません。

でもちょっと待って!!ある研究によると、「パートナーと一緒のベッドや布団で眠ることが、健康に良い影響を及ぼす」という結果が出ているのです。

パートナーと一緒に眠ることで得られる良い影響とは、一体どのようなことなのでしょうか。

●『幸せホルモン』って?

とてもショックなことや傷つくようなことが起こった時に、誰かに優しく抱きしめられたり背中をさすってもらったりすると、少しだけ安心できたりしますよね。

このとき、脳内では「オキシトシン」というホルモンが分泌されています。

オキシトシンは、癒しホルモン・幸せホルモンとも呼ばれ、リラックス効果や脳の疲れを癒す効果、

人への信頼感や絆を高める効果があるとされ、幸せで安定した気分へと導いてくれるホルモンなのです。

このオキシトシンは、出産時や授乳時に大量に分泌されるのですが、セックスでも分泌されることが分かっています。

特に、オーガズムを迎えるときに一番濃度が濃くなるといわれているのです。

継続的にセックスをしているカップルや夫婦の仲が安定したり、満たされた関係性を続けられるのは、オキシトシンによるものといえるのかもしれません。

●一緒に寝るだけでも、オキシトシンが分泌される

家はセックスレスなんです・・・。とか、毎日疲れてセックスする気分にはなれません・・・。という方でもご安心を。

最初にご紹介した研究の結果、「パートナーと一緒に眠るだけでも、オキシトシンが分泌されていること」が明らかになったのです。

もちろん、そこにスキンシップが加わればオキシトシンの分泌はさらに盛んになりますし、ベッドで会話を交わすだけでもオキシトシンの分泌に効果があるそう。

最近セックスから遠ざかっていたり、そういう気分になかなかなれない場合であっても、まずはパートナーと隣で眠ることを大切にしてみてはいかがでしょうか。

それだけでも、毎日が今より幸せ気分に包まれるかもしれません。