恋愛中毒!?源氏物語はなぜ浮気を繰り返した?/ 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

最後にひと言。昨今の日本は非常に男女ともに恋愛の自由が得られやすい世の中になってきましたが、浮気は勧められる関係ではありません。プレイボーイのイメージの強い『源氏物語』の光源氏も、彼が十代半ばで最初に結婚したころはずいぶんとマジメで、浮気など論外だと考えるタイプでした。しかし、葵の上という妻がシャイすぎて、夫婦関係がうまくいかず、つまらないと感じた光源氏はよその女性に手を出してしまう…という浮気をこそこそ繰り返すようになります。

そのうち彼は浮気していることが普通という、恋愛中毒状態になってしまいます。葵の上を失い、その後、別の女性と本気の恋愛をしている途中もなぜか浮気をしないではいらない体質となった光源氏は、それなりに苦しむことになりました。浮気ってオトナの関係などとキレイに表現されていますが、結局、どれが本気の恋愛かわからなくなり、すべてを失ってしまう可能性が非常に高い気がします。浮気は危ないのです。