年齢を重ねた女性が妊娠しにくい本当の理由・愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
しかし、妊活中の年齢を重ねた女性、具体的には30代後半以降の女性が妊娠しにくいのは、卵子の高齢化だけが原因ではないのです。
卵子は高齢化しているだけでなく、数も減っています。さらにそのうえ、その中に残っている「胎児になれる卵子の数」も減っているのです。これも不妊の原因のひとつです。
さて、ここで登場した「胎児になれる卵子の数」とは一体どういうことなのでしょうか?実は、卵子の中には、「胎児になれる卵子」と「胎児にはなれない卵子」とが存在しています。その違いは見た目で判断することができず、見た目以外のどこに違いがあるのかも、現代医学ではまだはっきりとわかっていません。
しかも、その「胎児になれる卵子」がどれくらいの割合あり、一生のうち、どのタイミングで排卵されるのかはまったくのランダムで決まっていません。そのため、若いうちに集中的に「胎児になれる卵子」ばかりが排卵される人もいれば、初潮から閉経までバランスよく排卵される人もいます。この場合、前者と後者とでは、年齢を重ねてから妊娠する確率が大きく変わってくることは明らかです。
また、卵子が高齢化しているのであれば、それを保存している卵巣や子宮も、当然高齢化しています。子宮の高齢化は、受精卵の着床や着床した受精卵の成長を妨げることが多く、不妊の一因になっています。
すなわち、年齢を重ねると女性が妊娠しにくくなるのは、単に卵子が老化しているだけではなく、

・卵子が高齢化している
・卵子が少なくなっている
・残っている卵子の中に、胎児になれる卵子が少ない
・子宮も高齢化している

これらが複雑に作用して、妊娠しにくい状況をもたらしているのです。