平安時代は情緒的な文化系タイプが人気/ 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

平安の女性

平安時代中期以降…たとえば『枕草子』を書いた清少納言や、『源氏物語』の作者・紫式部といった貴族の女性たちは、普段も基本的にはインドアで、特別な儀式のときなどハレの日には何枚も上着を重ね着し、通称「十二単」で自分の身を飾りました。衣服や長い髪がたいへん重たいため、彼女たちが『万葉集』の時代の女性たちほどアクティブではいられないわけです。

男性が求める彼女たちのパーソナリティも、アクティブで「きらきらし」な女性よりも、しっとりとして情緒的な文化系タイプ…「もののあはれ」を知る女性こそがベストとなります。感動したらおもわず涙が出たりするほど美意識や感受性が強く、恋をすると彼の訪れをじっと待ち続けるような芯の強さのある女性のことですが、この頃の上流社会の男性は、女性(とその実家)の経済力に頼るという習慣が強いのです。

ですから、最初に紹介した土偶に象徴されるような「安定感があって、ドーンと構えているタイプ」こそが、本質的に男性が結婚したい女性の像であることは変わっていないのでは…とも思われます。そもそも古代日本には「妹(いも)の力」と呼ばれる女性信仰があったとされますね。妹とは身近な女性のことで、妻をはじめとする女性に想ってもらえることにはパワーがあり、男性がそれでピンチを切り抜けることができる…とする思考です。

たとえば平安中期の朝廷の権力者・藤原道長の傍には、つねに最愛の妻・源倫子(みなもとのりんし)がいました。何もかもが満たされた自分の人生を、欠けたところなど一切ない満月にたとえたのが道長です。彼の日記『御堂関白記(みどうかんぱくき)』には、宮廷の行事などにも源倫子を堂々と同伴したという記述が散見されます。倫子とは道長がいつも傍に置いておきたい、(まさに「妹の力」に満ちた)頼れる女性であり、同時にたくさんの子どもたちを生んでくれた存在でもありました。結婚を通じて家と家が結びつくわけですから、妻や子どもなしに藤原道長が満月にたとえた栄華はなかったでしょうね。