平安時代の浮気事情は?/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
日本の伝統的な浮気の考え方といえば、男性だけが「子孫を残す」という理由で関係を正当化、正妻以外の色んな女性と関係を結んでしまう。そしてその関係は許された…というイメージでしょうか。しかし、実際はそうとも限りませんでした。それになにも女性だけが、恋愛・性愛の経験を奪われていたというわけでもないのですね。

「家」の存続が重視される時代であればあるほど、浮気する男女は厳しい目でみられがちでした。恋の文化が花開いた平安時代でも、婚外恋愛は、社会的信頼を落とすため、必死で隠すべきスキャンダルだという感覚が、男女ともにあったのです。「不倫は文化」と考えていたわけではないのですね。

そもそも死期が迫ったらプライベートで書いたり、もらった手紙はすべて燃やしてしまうというルールが、この頃から上流階級ではありました。その中には秘められた恋文なども含まれていたでしょう(一説に日本史で現存する最古のラブレターが、豊臣秀吉やその時代のものとされるのは、プライバシーを守りたいという感覚が乱世が続いた結果、変化したからだと思います)。