平安女性の「運命の人」の見つけ方とは/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

それでは平安時代の女性は、出会いの中からどのように「運命の人」を見つけていたのでしょうか。これが本能を直球で信頼したものでした。好きな人ができたら、早いウチにセックスはしておくべし、ということなのです。初めての夜、お互いに特別な情熱(コレが重要)を感じることが出来れば、次の段階がようやく考えられるという仕組みで、本気でデートを重ねるのは、最初のセックスの後でも十分という考え方ですね。

平安時代では明るいところでお互いの顔を見せあうことは(つまりデートの類は)、セックスよりもよほど大胆な行為ですらありました。現代人のカップルなら、明るいお風呂に堂々と一緒に入れるようになるくらいに、お互いを信頼した証だったそうですが…相手の「顔の良さ」に、色々と引きずられないようにするための工夫だったかもしれません。

平安時代の男性

現代では結婚を意識した関係になると、収入や仕事などの条件を気にすることがあります。平安時代とは全く違う価値観だと感じます。また早い段階で体の関係を持つ風習のため、「恋人探し」が「結婚相手候補探し」としての側面も強い現代とは違って、デートでは完璧に思えた相手も一晩一緒に過ごしたら「しっくりこない」「でも別れるのはもったいない気が」…なんて残念な結果もなかったことでしょう。

現代の「身体は嘘をつけない」というのはやはり真実です。セクシーな意味だけでなく、お互いの衣服や肌、髪の手触りなどから相手が「本当はどんな人か」の情報は、すぐにわかるものです。視点を変えてみると、こんな考え方もあります。

たとえば平安時代の貴族の女性が肌だけでなく髪の長さや美しさを重視されたのは、長い髪を美しく、健康に保ち続けることには手間暇やお金がかかるものだから。おまけに一朝一夕には効果が出せないので、女性としてのたしなみの深さまで計り知られる場所だったからなんですね。