平均寿命が短い昔は、結婚も急いでいた!/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

江戸時代の商店

厚生労働省の発表によると、2011(平成23)年の平均初婚年齢は、夫30.7歳、妻29.0歳。今から約1000年前、平安時代ごろの初婚年齢は男女ともに14~15歳程度だったことを考えると、最初の結婚がこの1000年間で15年も遅くなったという結果が出ています。ただし平安時代の平均寿命は、男女ともに30歳前後で、初婚年齢が低めでも、当時では何もおかしいことはないのですね。

この「十代半ばに男女ともに結婚するのが普通」という常識は、「結婚=大人としての人生のはじまり」という考えをベースにしています。男女ともに第二次性徴が身体に現れたら即座に、親が決めた相手と結婚していたのですね。親としては、病気や戦乱の中で自分の子どもがいつ死んでしまうかわからない時代だったので、血筋をつないでいくためには一日も早く自分の子どもを結婚させ、子孫を授かるように導かねば!…なんて考えていたのだと思います。

上流階級の場合は、子ども同士が結婚することで敵対していた家とも仲良くなるチャンスを得られましたし、庶民の場合は自分たちの仕事を手伝ってくれるのが子どもですから、身分に関係なく、結婚を急がせていたのです。