夫婦間で妊活の意識が違うから、プレッシャーになる/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
夫婦というのは、わかり合えているようで、実は意外とそうではありません。長年一緒にいるので、お互いに「わかっているだろう」と思い込んでしまい、肝心なことを話し合っていないということがあるのでしょう。
たとえば、「子どもが欲しいかどうか」ということは話し合い、お互いにわかり合えているご夫婦がほとんどでしょう。しかし、それが「どれくらい切実に欲しいのか(いますぐなのか、数年後なのか)」「病院で治療をしてでも欲しいのか」といったことまでは話し合われていないことが多いのではないでしょうか。
この延長に妊活によるプレッシャーがあるといってよいかもしれません。 妻は、妊娠、出産と女性年齢にまつわるニュースを見て、「私も早く子どもを産んでおいたほうがいいかも。できることなら今すぐ妊娠したい!」と思い、夫に「子どもが欲しい」と伝えます。それを聞いて、夫も「たしかに、そろそろ子どもが居てもいいかもな」と思い、妻の意見に賛成します。しかし、夫は「そのうちできたらいい」と思っている程度。妻が「今すぐに、場合によっては不妊治療をしてでも欲しい」と思っているとは、夢にも思っていません。
すると、「今すぐ妊娠したい」妻は、毎月の排卵日が来るたび、夫にプレッシャーをかけます。「そのうちにできればいい」と思っている夫は、妻の気迫に気が引けてしまい、結果、冒頭に言ったような排卵日ED状態になってしまうというわけです。
もちろん、これはほんの一例ですし、きちんと話し合われているご夫婦もいることでしょう。 けれども、こうした夫婦間での意識のすり合わせができていないことがきっかけで、男性がプレッシャーを感じてしまい、夫婦生活がギクシャクしてしまうことは、決して少なくないのです。