公開!江戸時代の理想の男性器ランキング!愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

●第一位
堂々の第一位は「麩」(ふ)。つまり柔らかい男性器です。男性は硬さを誇示したがりますが、柔らかい方がむしろ、女性器の中でフィットして、どんな膣にも対応できるとされました。この「麩まら」は、「麩のように愛液を吸い込んで膨張し、内側に自在に貼り付く」 とされ、その感触が好ましかったようです。現代でも、ふにゃふにゃな材質でできた、柔らかいディルドが発売されており、男性の意地に反して、柔らかい男性器は好ましいもののようです。
●第二位
二位は「雁」(かり)、いわゆるカリ高の男性器です。これは現代でも、男女共に好ましいとされていますね。
●第三位
三位は「反」(そり)、上方向に大きく反り上がった男性器のことです。膣の上部、現代で言うGスポットを刺激するので、好ましいとされました。
●第四位
四位は「笠」(かさ)、カリが太い男性器の事です。「雁」との違いは、よくわかりません。
●第五位
五位は「鉄」(てつ)、黒光りした男性器です。医学的根拠はないのですが、現代でも、多くの女性と交わった男性器は黒光りすると言われています。男性器そのものと言うよりも、その経験値が好ましいとされたのでしょう。
●第六位
六位は「白」(しろ)、逆に色白の男性器を指します。これも医学的根拠はないのですが、女性経験のない/少ない男性器は白いとされました。経験豊富な男性よりむしろ、無垢な男性を自分好みに育て上げたいという好みでしょうか。
●第七位
七位は「木」(もく)、曲がっていない真っ直ぐな男性器のことです。
●第八位
八位は「太」(ふと)、太い男性器。これは現代でも、好き嫌いがわかれますね。
●第九位
九位は「長」(なが)、長い男性器。奥まで届くので、ポルチオ性感を開発済みの女性が好みますが、奥に当たって痛い」という女性も少なくありませんので、人それぞれというところです。
●第十位
十位は「包」(すぼ)、包茎のことです。当時の衛生事情から言って、包茎の男性は敬遠されたのかもしれません。
意外にも「百人一出拭紙箱」のランキングは女性視点!

このランキングの作者の性別は不明ですが、男性の視点ではなく、 「女性にとって好ましい男性器」のランキングになっています。もし男性の手になるものだとすれば、女性に相当な取材をして作られたものでしょう。でも、女性のホンネは、男性器の形よりも、ちょっとした心遣いが嬉しいもの……かもしれませんね。