五才から始まるセックス準備/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

将軍候補の若君は、五才になると割礼をほどこされ、七才で包皮を完全に剥かれます。割礼とは、男性器の包皮を切る手術のことです。海外では一般的な習慣である地域も多いですが、このような手術を行うのは日本では珍しいですね。現代では、仮性包茎ならばセックスに支障はないとされていますが、セックスが仕事の将軍となると、このくらいの準備が求められたのでしょう。

若君が十才になると、会陰に入念な按摩を施すと共に、男性器に布を硬く巻き付けて鍛えます。現代でも、男性器の増大法に似たものがあるようですが、医学的根拠が乏しいと言われています。

あくまでも指導を目的とした奉仕

十二才になると、いよいよ本格的なトレーニングがはじまります。手や口を用いて、男性器を刺激するのです。しかしこの時点では、むしろ精通を迎えさせないように、先走りが出たら刺激を止める必要がありました。この方法は、現代の早漏防止トレーニングでも用いられていますね。また、現代で言うところの「パイズリ」も、この段階で用いられていたようです。

十三才になると、精液が本格的に出るようになります。未来の将軍様の精液は貴重なものと考えられ、口や手で洩らすことは禁じられていました。このため、御殿女中が初体験の相手を務めていたのです。ただし、この際に快楽をむさぼってはならず、むしろ射精をコントロールする訓練が行われていました。東洋思想においては、男性は射精することなく女性の眞液(愛液の一種)を洩らさせ、それを男性器で受けることで不老長寿が得られるとされていました。ですので、そのための訓練と考えられます。

なお、この行為を行う時、若君はけっして動いてはならず、御殿女中が一方的に奉仕することになっていたと言われています。