乳首で感じるための触られ方| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

乳首で感じるための触られ方

舌舐め人気がナンバー1!

「舌で舐められるのが好き」と書いている女性がほとんど。

・「舌でチロチロと舐められたり、甘噛みされると、ビクンと反応してしまう」
・「唇で優しく触れられたり、口に含まれた状態で舐められたり…。軽く吸われるのも気持ちいいです」
・「乳首を舐められながら、熱い視線で目を見られると、感じてしまいます」

柔らかく吸われる、ツンツンされる、転がされるように舐められると感じてしまう、という女性の意見が多く聞かれました。

シンプルに「舐めて…」と伝えましょう

乳首を触って欲しい時、彼にどう伝えればいいのでしょうか。やはり、ここはシンプルに「舐めて(触って)…」と、潤んだ瞳でお願い&おねだりが、男性に最も伝わりやすい方法です。 なんの小細工もありませんが、喘ぎ声の合間に溢れる一言に、男性は征服欲を掻き立てられます。「そこが気持ちいいんだね!」と、喜んで唇を寄せてくれるでしょう。

力加減はわかってくれるまで繰り返す

「優しく触って」という女性のおねだりも、どれくらいの力加減なのかいまいち掴めない男性も、実は多いのです。そして、自分の力が女性にとっては案外強いとわかっていない男性も。ですので、ポジティブワードを駆使して、どれくらいが「優しい触り方」なのか、アピールしていきましょう。「ポジティブワード」とは、褒め言葉のことです。

「それくらいの感じ、すごくイイ!」
「そんな舐められ方されると、どっかイキそうになる…」

彼の愛撫を褒めて、自分にとって一番気持ちのいい力加減を伝えていきましょう。 この時に陥りやすい落とし穴が、伝えたにもかかわらず、同じ強さで愛撫を繰り返してしまう彼に苛立ちを覚えること。 彼も快感の最中にあなたのことを覚えているのです。1回や2回言われたくらいでは忘れてしまうことだってあります。「わからなくて当たり前。わかってくれたらありがとう」そんな気持ちを持って、接していきましょう。
| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」