ライフスタイルの多様化で出現した『恋愛しない派』・愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

明治時代の館

初婚年齢についての正確な統計が日本で取られはじめたのは明治後期です。国立社会保障・人口問題研究所のウェブサイトによると、1910(明治43)年の平均初婚年齢は夫27.0歳、妻23.0歳でした。女性は江戸時代とかわらず、比較的若くして結婚するものと考えられていたのだなぁ…という印象はありますね。

現代日本では、女性も男性と同じように、勉強を終えたあとは社会に出て職業を持ち、働くのが普通というように時代背景が変化しています。たしかにお役人や政治家の先生がいうように、これらの要因が女性の初婚年齢を上げている原因なのでしょう。

恋愛結婚が主流となっている現代日本ですが、その恋愛自体を、難なく普通にこなせる層とそうとはいえない層に二分されてしまっている印象があります。恋愛しない派については、ライフスタイルや娯楽が多様化したがゆえに、恋愛以外にもたくさん楽しみが生まれたから…という説明がされることも増えました。時間の使い方の選択肢が「細分化」されてしまい、あれもこれもとついつい欲張りになってしまううちに、恋愛するチャンスを失ってしまう場合もあるのかもしれませんね。これは日本の歴史の中でも、現代特有の現象のように思いますが。