ライオンのオスの、もう1つの大切な役目「セックス」/ 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

そして、オスのもう1つの大事な仕事が、セックスです。ライオンの交尾に決まった季節はなく、メスが発情すればいつでも交尾するのですが、ライオンのセックスはまさに「性獣の王」にふさわしいものです。

一般的な傾向として、肉食動物は草食動物より長い時間をセックスに費やします。セックスの最中は、あらゆる動物にとって、最も無防備な瞬間なので、捕食される側である草食動物は、できるだけ短い時間でセックスを済ませようとします。たとえばキリンの平均交尾時間は、わずか五秒です。それに対し、捕食する側である肉食動物は、数時間をかけて交尾することも少なくありませんが、「性獣の王」ライオンは別格です。

ライオンは一度発情すると、1週間ほど「性行為期間」が続きます。そのあいだ、カップルはほとんど食事もとらず、ひたすら交尾を続けるのです。1日に最大300回、1週間で約1000回の交尾をおこないます。それを可能にしているのが、オスのペニスの中の骨で、これによって勃起を維持するのです。捕食される心配がなく、安心して交尾のできるライオンならではの生態ですが、まれにはぐれオスなどにより、交尾を邪魔されることがあります。その場合は交尾を中断して、はぐれオスと戦うことになりますが、観察によると、はぐれオスを追い払った後は、また交尾に戻るようです。