チョウチンアンコウは、見た目も生殖行動も変わっている?! 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

深海魚の中でも有名なのが、チョウチンアンコウとその仲間でしょう。頭に発光器と呼ばれる、先端が光る触手を持ち、その光に引きつけられてきた小魚を、大きな口でぱくり。深海には奇妙な生き物が多くいますが、チョウチンアンコウの仲間の生態は際立っています。それは、生殖行動においてもなのです。

オスの大きさは、なんとメスの百分の一!

私たちが「チョウチンアンコウ」とその仲間として認識している魚は、実は全てメス。オスのチョウチンアンコウは、水族館でも、深海に潜ってみても、目にすることはできません。ではオスはいないのかって?いえいえ、ちゃんといます。たとえば、チョウチンアンコウの仲間、ビワアンコウのメスは、大きいものでは1メートル以上にも達します。それに対して、オスは小さいものでは1センチ以下、大きくても10センチちょっと。しかもその多くは、メスに寄生して生きるのです。

オスの体は、メスの体に取り付くための、体に対して大きな口を持っています。メスを見つけたオスは、その口で噛みつきます。すると不思議なことに、オスの体は、メスの体に融合していくのです。融合したオスは、目も脳も退化し、メスの体とつながった血管から送られてくる栄養で生きるようになります。そして、メスが卵を産もうとすると、オスはそれを認識して放精、受精させるのです。オスはそのまま、メスに寄生して一生を終えます。

このように進化した理由は、深海ではオスとメスが巡り会う機会が極端に少なく、また、食べ物も少ないからだと考えられています。一度の出会いで、確実にメスを受精させようというのです。

チョウチンアンコウの仲間の出会いの機会は極めて限られていますが、私たち人間には、豊かな出会いの機会があります。一生メスの体に張り付いて出会いを逃さないようにして…と必死になる必要がないぶん、「いつか素敵な人にめぐりあえるだろう」と積極的にアプローチしない傾向になってきてしまっているかもしれません。さらにここに女性側までもが受け身になってしまったら、一生関係が進展しないまま…ということもありそうです。

出会いが豊富な現代の日本人男性には、女性側から男性のスイッチを押す工夫をしてみるのはいかがでしょうか。女性らしい滑らかな素肌や色っぽい香りをまとうことで、チョウチンアンコウのように「この出会いを逃したくない!」という気持ちをくすぐることができるかもしれません。