コウテイペンギンのカップルは毎年パートナーが違う?! 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

吹雪に耐えて絶食しながら卵を温め、パートナーを失えば自ら「ペンギンミルク」を分泌してヒナに与える。南極を舞台としたドキュメンタリー映画でも描かれたコウテイペンギンのオスのイクメンぶりに、感動した人も多いはず。でも、映画ではカットされていましたが、コウテイペンギンのカップルは毎年パートナーを替えるのです。

「自然界には愛などないのか…」

絶望するのはまだ早いです。同じペンギンという種の中で、「イワトビペンギン」は60%近くが、生涯を同じパートナーと添い遂げます。しかも、彼らは、1年の半分を離れて暮らす「遠距離恋愛カップル」でもあるのです。

強い絆で結ばれた遠距離恋愛カップル「イワトビペンギン」

氷山

イワトビペンギンは、成獣でも体長50センチほどの小さなペンギン。目の上の、眉のような黄色の羽毛と、そこから後頭部にかけて冠のような羽毛が生えているのが特徴です。その独特の愛らしさから、ぬいぐるみやゲームのキャラクターになったこともあり、動物園や水族館でも、比較的お目にかかりやすいペンギンです。

ペンギンというと氷に覆われた極寒の地「南極」を思い浮かべるかもしれませんが、イワトビペンギンは南極ではなく、インド洋南部から南大西洋にかけて生息しています。見た目の愛らしさに反して意外と攻撃的なので、もし出会っても、あまり近づかない方がいいかもしれません。

イワトビペンギンの繁殖地はアルゼンチンの東にある島「フォークランド諸島」、ニュージーランドの南西にある「マッコーリー島」、マダガスカルと南極のあいだにある「プリンス・エドワード諸島」や「クローゼー諸島」、その東側にある「ケルゲレン諸島」など南半球の島々です。しかし繁殖地に留まるのは10月から5月にかけての半年間だけで、残りの半年は外洋で生活し、このあいだカップルは離れ離れになってしまうのです。調査によると、平均で600~2500㎞も離れて暮らすそうですから、まるで北海道と九州に別れて暮らす、遠距離恋愛カップルのようです。