キスは江戸時代日本にも「前戯」として存在していた!| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
「キス」は西洋から入ってきたものと考えられがちですが、江戸時代までの日本にも「口吸い」はありました。挨拶や愛情表現としてのキスは存在しませんでしたが、前戯としてのキスは存在したのです。例えば『好色旅枕』には、前戯の口吸いからはじまる、女性を昇天させる一連のテクニックが紹介されていますので、詳しく紹介いたしましょう。
キスから始まる、めくるめくオーガズムへの旅
『好色旅枕』のセックスの始まりは、下記のように記述されています。

「女にもつれ掛かり、好色の心地よき話など物語し、その後、口を吸ふべし」
イチャイチャしながらエッチな話をして、その気にさせてからキスせよ、という事ですね。そして、その後にはディープキスのテクニックが続きます。
「男が舌を入れるのではなく、女の舌を吸って、唇で女の舌をしごき、さらに舌で女の舌をなめなさい」
フェラチオのように女の舌を扱え、ということですね。
「さすれば、淫念自から萌すなり」
愛情のこもったディープキスをすれば、女性の欲情を引き出せると書かれています。そして女性が欲情してきたら、今度はボディへのタッチの指南へと移り変わっていくのです。