よりシビアになった鎌倉時代の浮気事情/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

さて、鎌倉時代になると状況はよりシビアになります。鎌倉幕府の法律書「御成敗式目(貞永式目)」によると、武家の既婚男性が、武家の既婚女性と恋愛・性愛関係になったのが発覚した場合、両者ともに仕事はクビ、財産も大幅に没収されるなど厳しいペナルティが科されました。

既婚男性が結婚はしていない女性に手を出すことはグレーゾーンのままでしたが、「子孫を残すために仕方なく」…という言い訳がなければ、亭主関白のイメージの強い武家社会でも浮気は堂々と出来る行為ではなかったのです。

そもそも側室という存在には「妻の一人」どころか、正妻の承認を得て、家で働いているスタッフというような意味しかありません。正室が生んだ男の子にしか基本的には家を継ぐ権利はなく、正妻が男子を産めなかった場合にのみ、側室の子に家を継ぐ権利が与えられるのが当時の普通なんですね。