いつもの体位をもっと気持ちよく! 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
続いて、情熱的なセックスを好むカップルから人気の高い後背位が、もっと気持ちよくなる方法「逆遊」(ぎゃくゆう)の体位についてチェックしてみましょう。

「かやうに変はった事、折節はよし」

「風流御長枕」には「たまには後背位もしてみましょう」とあることから、江戸時代では正常位が一般的だったことがうかがえます。

「常のと違ふは、男の玉茎が上下に入りて、玉門の下面を雁首にて擦る」

正常位とは違い、膣の下側を男性器が突き上げるところが特徴的である、と書かれています。

「子宮に玉茎の先が、真っ直ぐに向かふ故、女の心地よき事、限りなし」

子宮口を亀頭が直接突くことで特別な快感につながる…とのこと。いわゆるポルチオ性感帯への刺激のことを言っています。逆遊はポルチオ性感に達しやすい体位と考えられていたのかもしれませんね。
この逆遊における男性への動き方指導としては次のようにあります。

「男、上より女の車骨と言ふももの付け際に手をかけて、前へ引き寄せ引き寄せするやうにして、其の拍子に、静かに腰を遣ふべし」

「男性は、女性のももの付け根の骨に手をかけて、身体を引き寄せるようにして、リズムを合わせて腰を使うように」とされています。
ですので、女性は男性の手を、ももの付け根の骨の部分にさりげなく導くのがよいでしょう。