いつもの体位をもっと気持ちよく! 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

座位
最後に愛を感じる体位として特に女性から人気の「居茶臼」・座位について、もっと気持ちよくする方法を確認してみましょう。
「女の腰を締めて、抱き上げるやうにすべし。是はよくよく女のよい気味やら、一度行ふて後は『いつぞやのように、抱いてして』と、好まぬ女が無くばござれ」
一度この体位をしたら、女性は必ずこの体位が好きになるとのこと。もし居茶臼を好まない女がいればお知らせください、とまで書かれているのです!江戸時代でも座位は、女性をトリコにする体位だったのですね。
「折節は、女の両手にて男の身を絡ませ、女を抱いて歩いて、女の腰を男の手にて働かせなどして、又、下に居てもよし。立って口吸ふてもよし」
「居茶臼からそのまま男性が立ち上がって、歩いてみるのもよいでしょう。女性の腰を、男性が動かすのもよいものです。キスも交わしやすい体位です。」と書かれています。
座位の状態で立ち上がる…この体位は現代では「駅弁」とも呼ばれていますね。すでに江戸時代から親しまれていたとは驚きです。
ただし、
「男は、女締めたり抱いたりする故、気が行きそうで行かず。大方は空鉄砲にて仕舞ふなり」
男性がこの体位で射精するのは難しい、とも付け加えています。もしかしたらラブタイムでいくつも体位をチェンジさせる中の、最初の方に行うといい体位とも言えるかもしれません。 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」