いつもの体位をもっと気持ちよく!愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

騎乗位「茶臼」

江戸時代、騎乗位は「茶臼」と呼ばれていました。これはご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。この「茶臼」の紹介の中で、江戸時代のセックスに対する考え方として注目したい文章があります。
「男の脚屈めざれば、下より腰の遣はれぬもの也」
これは「男性は膝を曲げないと、下から腰を使うことができないのでご注意」という意味。江戸時代において女性に一方的に奉仕させるようなセックスは、否定されていたのです。
そして、
「男、手を隔てに入れて玉茎の届かぬ程に浅く突くべし。又その手にて、女を上へ上げたり、扨は手を抜いて取って、思ひもよらず玉茎を深く突き込み、腰を遣ふもよし」
男性器が深く入りすぎないように、手で女性のももを支えて浅く突け。時折手を離して深く突け…というのが、どうやら気持ちいい騎乗位のための重要なポイントのようです。
さらに、
「女の冷たき尻が男の温かなる内腿へ当たる故、女殊の外『よい気味じゃ』と言へり」
女性の尻は冷たいもので、そこに男の暖かい内腿が当たるので、どんな女性も快感を感じると書かれています。前述の「男性が膝を曲げる」というコツは、こんなところにも活きてくるのですね。愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」